中高大連携プロジェクト

ホーム中高大連携大島海洋国際高等学校インターンシップ(9月7日~11日)

大島海洋国際高等学校インターンシップ(9月7日~11日)

授業風景
日程: 2009年9月7日
時間:
場所: 大島海洋国際高校
大島海洋国際高等学校インターンシップ

2009年9月7日~11日(4泊5日)参加者5名

「インターンシップ」もともとは免許を取ったばかりのお医者さんの卵が研修医として働くことをいいますが、最近は学生がなりたい職業の就業体験をすることもいいます。

大島海洋国際高等学校は、海洋実習等、独自のプログラムをもつ全寮制の高校であり、夜間に宅習の時間が設けられています。高校としては、夏季休暇から高校へ戻ってきたばかりの生徒に対し、宅習(夜間の自習)の補助をするなど普段とは異なる形で指導することで、生徒の気持ちを切り替え、学習意欲をより一層高めることを目的としています。

インターンシップの参加者は、中学・高校等の教員を志望する首都大の意欲ある学生・院生です。参加者の目的は、研究授業はもちろん、課外学習の指導・生活指導など、教育実習とは異なる形での細やかな指導を実際に体験することで、将来の教員としての能力を高めること、また、高校生への指導により、高校での学習内容を進んだ立場から改めて見直すことで、対象への理解を深めることです。中学校で教育実習を行った学生にとっては、高校での実習経験を積むことにもなります。 本年度は数学(数理科学コース・数理情報科学専攻)4名、理科(生命科学コース)1名が参加しました。全員が教員免許を取得済あるいは取得見込です。